【CLOCKWORK TANGERINE CITRUS SESSION IPA】夏にぴったりの爽やかなIPA

BREWDOG CLOCKWORK TANGERINE CITRUS SESSION IPAビール銘柄
この記事は約5分で読めます。

こんにちは!光太郎です。

皆さんは夏に飲むならどんな風味のビールがいいですか?

それぞれ好みはあると思いますが、きっと高アルコールでゆっくり飲めるバーレイワインやインペリアルスタウトよりも、ピルスナーのようなさっぱり飲めるビールの方がいいですよね!

だけどクラフトビール好きな僕らとしては、大手ビール会社のピルスナーばっかり飲まず、何か少し変わったビールが飲みたい・・・なんて思うのは当然です。

そこで今回はスコットランド発のブルワリー「Brewdog(ブリュードッグ)」から、「CLOCKWORK TANGERINE CITRUS SESSION IPA(クロックワーク タンジェリン シトラスセッション IPA:以下、クロックワークIPA)」をご紹介!

この記事を読めば、きっとあなたもこのビールが飲みたくなる・・・はず笑

クロックワークIPAは飲みやすいセッションIPA

このクロックワークIPAはブリュードッグが醸造しているIPAです。

ブリュードッグといえばPUNK IPA(パンクIPA)に代表される、「ホップを強烈に効かせたビール」が特徴。
そのインパクトから、ホップの魔術師と呼ばれたりもしています。

そんなブリュードッグから夏にぴったりなセッションIPAが登場。

一般的にIPAはアルコール度数がやや高めですが、それを低目に作ってあるものがセッションIPAと言われるスタイルです。
(セッションとは「話す」という意味で、飲みながらおしゃべりするのに適した軽いビールという感じ)

暑くて汗をかく夏場に飲みたいビールは重たい・どっしりとしたビールより、軽い・ごくごく飲めるビールの方が良いに決まってます(^^)

今回のクロックワークIPAのアルコール度数は4.5%と、通常7〜9%程度のビールが多いIPAスタイルの半分程度。
しかし、IPAらしいホップの香りや風味もしっかり味わえる、ホップヘッドのあなたにも満足できる1本なんですね。

光太郎
光太郎

このあたりは、さすがブリュードッグ!

ブリュードッグはラベルもかっこいい!

ブリュードッグはラベルもかっこいい!

シトラスの風味がさらに飲みやすさをアップ

また、「シトラスセッションIPA」とあるように、ビールからはシトラスの風味がほのかに感じられます。

これはタンジェリンという柑橘系の果実を使用しているから。
(つまりオレンジ風味です)

IPAは原料として使用されるホップの持つ風味上、「グレープフルーツのようなアロマ(フレーバー)」などと評されることが多いのですが、同じ柑橘系のタンジェリンとうまくMIXすることで、シトラスの爽やかさを醸し出しています(^^)

この爽やかさが、暑い時期にビールが進むポイントとなっていますよ!

クロックワークIPAの製品スペック

クロックワークIPAの製品スペックは以下の通りです。
(※公式サイトを参照)

  • 名称:CLOCKWORK TANGERINE CITRUS SESSION IPA(クロックワーク タンジェリン シトラスセッション IPA)
  • 製造:BREWDOG
  • 国:スコットランド
  • ABV:4.5%
  • スタイル:セッションIPA

以下は僕が実際にクロックワークIPAを飲んだ感想です。

【光太郎主観の5段階評価】
  • 泡:☆☆☆
  • ホップ感:☆☆☆☆
  • モルト感:☆☆
  • 炭酸:☆☆☆
  • 総合:☆☆☆☆
光太郎
光太郎

僕の主観なので悪しからず(^^)

苦味はそれほど強くなく、シトラスのフルーティさが香ります。
見た目はゴールドとオレンジの中間のような色。
ボトルのラベルカラーとマッチしていておしゃれですね(^^)

ジュース的な美味しさがあるので、ビールが苦手な方にも受け入れられると思います!

クロックワークIPAとペアリングしたいおつまみ

クロックワークIPAとペアリングしたいおつまみですが、僕ならバルサミコ酢のような酸味のあるドレッシングといただく野菜サラダを推します!
ドレッシングの酸味とシトラスの香りがお互いを引き立てて、よりさっぱりと食事を取ることができるでしょう。

また、IPA定番の相棒とも言える濃いめの肉料理にもピッタリ。
口の中を、やはりさっぱりと洗い流してくれるクロックワークIPAは間違いない一杯になりそうです♪

僕はKiriのチーズを合わせちゃいました(^^)

と言いつつ僕はKiriのチーズを合わせちゃいました(^^)

クロックワークIPAは暑くなったら飲みたくなるビールに認定!

今回ご紹介したクロックワークIPAは、夏場のみならず、暑くなったら飲みたくなるビールに認定です!

調べてみると、元々ブリュードッグの試作品として2017年に登場したビールだそうですが、とても人気があったためにシーズナル(季節)ビールとして販売されることになったみたいです。

実際飲んだ感想としても、これだけ美味しいビールだったら人気になるのも納得です♪

まだ飲んだことのない方は、ぜひ一度飲んでみてください。
きっとこのビールの虜(とりこ)になること間違いなしですよ(^^)

光太郎
光太郎

夏場の冷蔵庫にストックしておきたいビールです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました