【味にワガママな人向け】シュバルツは多くの望みを叶えてくれる真の黒ビールです!

ドイツの「ケストリッツァー シュバルツビア」ビールのあれこれ
この記事は約5分で読めます。

黒ビールには独特のイメージがあるからか、好き嫌いの好みが結構分かれる気がします。

そんな黒ビールの中から、今回は「シュバルツ(schwarz)」というビアスタイルについて解説いたします。

あまり馴染みのないビアスタイルかもしれませんが、僕は結構好き(^^)
読んでいただいた方にも、ぜひシュバルツを好きになってほしいと思っています!

シュバルツこそが真の黒ビール?

シュバルツはドイツ語で「黒」を意味する言葉で、言葉通り見た目が真っ黒なビール。
いわゆる「黒ビール」ってやつですね(^^)

別の記事でご紹介した「スタウト」や「ポーター」というエール系のビアスタイルも黒色をしていて、同じように「黒ビール」と呼ばれたりします。

まあ黒ビールという言い方自体が日本独特なので、どれが本物という決まりはないと思います(^^;
けど、強いていうなら僕は今回ご紹介する「シュバルツ」こそが黒ビールかな〜なんて思います。

ドイツ語ですが、まんま「黒」って意味ですからね!

光太郎
光太郎

ビールの呼称で悩んでも仕方ないので、僕はあまり気にせず「シュバルツ」と呼んでいます笑

シュバルツは見た目に反して軽い飲み口

シュバルツはその真っ黒な見た目から「どっしりと重たいビールのように見えますが、実はとても軽い飲み口のビールです。

シュバルツは先に紹介したスタウトやポータースタイルと違い、実はラガー系のビアスタイルだからです。

ラガーといえば、代表格はみんなが知っているピルスナー。
キンキンに冷やしてグイッと飲むと最高に美味しいあれです。

ラガーにも種類はたくさんあるのですが、総じて軽い飲み口のものが多く、ごくごく飲めるビールのイメージ通りです。
シュバルツもラガーの一翼を担っているので、その爽快感は間違いなし!

もちろん各ブルワリーによって特徴のあるシュバルツが作られているので、どれもがライトな味わいというわけではありません。

それでも、少なくともエール系ビールを飲むより遥かに飲みやすいビールと言えるでしょう!

ドイツ「エッティンガー シュバルツ」

ドイツ「エッティンガー シュバルツ」

シュバルツビールをご紹介

ここでシュバルツスタイルのビールをご紹介します。

詳細は別の記事にいたしますが、名前だけでも知っておくとビール選びが楽しくなると思いますよ(^^)

【日本】ベアレン醸造所 SCHWARZ(シュバルツ)

岩手県盛岡市にある地ビールの造り手「ベアレン醸造所」のレギュラービールの1つです。

ベアレンはドイツ式のビール造りをお手本にしているので、シュバルツは間違いなく高品質なビール。
日本のビールでシュバルツを飲むならマストドリンクの1本です!

【ドイツ】ケストリッツァー シュバルツビア

ケストリッツァーはドイツで1543年からビールの醸造をしているブルワリーです。
(現在は同じドイツのビットブルガー社の傘下に入っている)

ドイツのビールは伝統的な製法で造られていて、どのビールも高品質なものが揃います。
ビットブルガーのビールも美味しいので、見かけたら買ってみてください(^^)

シュバルツの特徴

以下にシュバルツの特徴をまとめました。
発祥国
ドイツ バイエルン地方(諸説あり)
発酵方法
下面発酵
ABV
4.1%〜5.5%程度
味の特徴
ローストしたモルトの香ばしさと苦味、ラガーらしい爽快感
適温
8℃程度
合わせたい料理
ティラミス
黒胡椒たっぷりのジャーマンポテト

ピルスナーと比べると少し温度は高めでもOK。
しっかりとモルトの風味を味わうことができます。

ドイツ発祥(諸説あり)なので、やはりドイツっぽい料理と合わせるとGOOD!
(ジャーマンポテトはドイツに無い料理だそうですけど、雰囲気です)
また、ティラミスなどのほろ苦さのあるスイーツもいい感じですよ(^^)

ベアレン醸造所 SCHWARZ(シュバルツ)

ベアレン醸造所 SCHWARZ(シュバルツ)

シュバルツはカッコいい!?

全然ビールの味とは関係ない個人的な想いなのですが、シュバルツってなんだかカッコいいと思いませんか?(^^;

光沢のある真っ黒なボディとそれに見合わない飲み口の軽さ。
「スッと飲める軽いビールがいいけど、モルトの旨味もしっかり味わいたい」・・・なんてわがままにも応えてくれる懐のふかさ(?)が男前だな〜と。

単純に僕が黒い色をカッコいいと思っているだけかもしれませんけど。

あまりあちこちで見かけるビアスタイルではないのですが、だからこそ見かけたらつい買ってしまう。
そんなカッコいいビールがシュバルツだと僕は勝手に思ってます笑

シュバルツは多くを求めるワガママな飲み手におすすめ!

この記事ではドイツ語で「黒」を意味するビアスタイル「シュバルツ」をご紹介してきました。

見た目に反して軽い飲み口はラガースタイルならではです。
とはいえ、他の黒系のビール同様、焙煎したモルトを使用。
そのため、ローストした香りや苦味を持ち合わせています。

飲み口の爽快さとモルトの旨みをどちらも欲しいという、多くをもとめるワガママさん!
あなたには、自信を持ってシュバルツをおすすめさせていただきます(^^)

未体験の人は、次にリカーショップで見かけたら買ってみてくださいね♪

光太郎
光太郎

僕のワガママにも応えてくれるカッコいいビールです笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました