【庶民の味方】ポーターはイギリス発祥の黒ビールスタイル!

Anchor POTER BEERビールのあれこれ
この記事は約4分で読めます。
こんにちは!光太郎です。
この記事ではクラフトビール のビアスタイルの1つ、「ポーター」について解説していきます。
ポーターってあまり馴染みがないかもしれませんが、だからこそよけい気になるビアスタイルではないでしょうか。
今までポーターを飲んだことのない人も、これからクラフトビールを楽しんでいくのでしたらきっと飲むこともあるはずです。
よかったら最後まで読んでみてください(^^)
ハワイのKONA PIPELINE POTE

ハワイのKONA PIPELINE POTE

ポーターはビールを混ぜて作られたのが始まり

ポーターはイギリス・ロンドンで飲まれていた、黒い色をしたエール系のビールです。
実はポーターは最初から狙って作られていたビールではなく、いろいろなビールを混ぜてできたビールだったんです!
そのビールは、
  • 古いブラウンエール
  • 新しいブラウンエール
  • ペールエール
の3種。
18世紀のロンドンではこれらを混ぜて飲む「スリースレッド」という飲み方が流行っていたとか。
混ぜて作る、しかも古くなったビールも使っていたので安く作れ、庶民の味方だったんですね。
これがポーターの「始まり」だったのですが、この頃はまだポーターではなく「エンタイア」という名称でした。
しかし混ぜ合わせるのがだんだんと手間になり、それなら最初から混ざったビールを作ればいいんじゃないか!?となって生まれたのがポーターだったんですね。
イギリスのBLACK WYCH

イギリスのBLACK WYCH

ちなみにポーターというのは荷運び人のこと。
要するに今で言う運送業のような仕事をしている人のことです。
名前の由来は諸説あり、上のスリースレッドを運んでくる人(ポーター)とか、ポーター達に人気があったからとか・・・
はっきりした事はわからないそうですが、いつの頃からかこの名前で落ち着いたようですね。
光太郎
光太郎

昔からビールは庶民の味方だったんですね(^^)

ポーターの特徴

以下にポーターの特徴をまとめました。
発祥国
イギリス
発酵方法
上面発酵
ABV
5%程度
味の特徴
チョコレートyのような甘味とほろ苦さ
適温
12℃程度
合わせたい料理
チョコレートケーキ
ローストビーフ
ポーターは見た目は黒色をしていますが、見た目ほど重たいビールではありません。
しかし飲み終わりにはしっかりとアルコールを感じられます。
もちろんピルスナーのようにゴクゴク飲むようなビールでもないので、料理やデザートと一緒に、ゆっくりと時間をかけて飲むのに向いていますね(^^)

ポーターは後のスタウトへとつながっていく

ポーターとよく似たビアスタイルに「スタウト」があります。
スタウトはポーターを元に作られた、ポーター同様のエール系の黒ビールです。
有名な銘柄では「GUINNESS(ギネス)」などがありますね。
こちらもチョコレートのような甘味とローストしたコーヒーのような苦味が感じられる美味しいビール。
機会があればぜひ試してみてください!
光太郎
光太郎

スタウトに関しては以下の記事で解説しています(^^)

ポーターはイギリスの庶民に愛された黒ビール

ポーターはイギリスで生まれた黒ビール。
最初はいくつかのビールを混ぜて作られた、混ぜ物のビールでした。
おかげで価格は安く抑えられ、荷運び人(ポーター)を中心にイギリス庶民に愛飲されていました。
現在は他のスタイル同様の立ち位置になり、特別安いビールということはありません。
もちろん、ビールを楽しむ僕らとしては、値段が安かろうが高かろうが美味しいビールであれば嬉しいものです。
(安くて美味しければ最高ですが!)
「今日はゆっくりビールを飲むぞ」という日には、ポータースタイルのビールを選んでみてはいかがでしょう?
まるでコーヒーを飲んでいるときのような感覚で、ゆっくりと落ち着いた時間を過ごせると思いますよ♪
光太郎
光太郎

デザート感覚での2杯目や、締めの1杯にも最適ですよ♪

NZのElemental Porter Ale

NZのElemental Porter Ale

コメント

タイトルとURLをコピーしました