【こしひかり越後ビール】ブランド米を使ったピルスナーは甘さと酸味が美味しい!

エチゴビール こしひかり越後ビールビール銘柄
この記事は約6分で読めます。

こんにちは!光太郎です。

この記事ではエチゴビールのピルスナー「こしひかり越後ビール」を、実際に飲んだ僕の感想を添えてご紹介します。

こしひかり越後ビールは名前を見てわかる通り、ブランド米「コシヒカリ」を使ったビール。
どういう風味で美味しいのかどうなのか、この辺りをご紹介していきます(^^)

結論から言うと、もし存在を知っていても飲んだことがない人は、ぜひ飲んでみてほしいビールの1つです!
そのくらい美味い!(もう結論が出た笑)

こしひかり越後ビールはお米を使った美味しいピルスナー

こしひかり越後ビールは、日本のお米ブランドとして有名な「コシヒカリ」を原料に使用したピルスナースタイルのビールです。

お米を原料にしているビールというと、超メジャーどころでは「アサヒスーパードライ」などがありますね(^^)

実はそんな理由などから特に真新しいビールだと感じられず、かなり前から知ってはいたけど「まあ、飲むのはいずれ機会があれば・・・」と思ってあまり興味がなかったんです。

しかもラガー(ピルスナー)スタイル。
僕はクラフトビールとして販売されている銘柄のピルスナーはあまり選んできませんでした。
(飲むのは飲むんですが、他に飲むものがない場合に購入したり、他のビールとのセット販売になっている場合に入手することが多いんです。)

正直、全然そそられなかったんですよ・・・

正直、全然そそられなかったんですよ・・・

しかしある時、他のビールを買う「ついで」に、なんとなく購入。
そして数日後に開栓、実飲・・・

その瞬間、自分がなんと愚かだったのかを悟りました笑

「な、なんじゃこれは!めちゃくちゃ美味しいやんけ!!!」
というのが正直な感想です(^^)

以後、考え方を改め、クラフトビールのラガー(特にピルスナー)も購入対象に加えさせていただいた次第です笑

光太郎
光太郎

上の解説の途中、めっちゃ失礼なことを書いてますが、本当にそう思っていたんですよ〜!
いや、マジで「エチゴビール様ごめんなさい!」って感じでした笑

こしひかり越後ビールの製品情報

以下がこしひかり越後ビールの製品情報です。
公式サイトを参照)

  • 名称:こしひかり越後ビール
  • 製造:エチゴビール株式会社
  • 国:日本
  • ABV:5.0%
  • スタイル:ピルスナー

販売価格帯はおよそ250円〜300円というところでしょう。
他のエチゴビールの銘柄同様、お酒専門店へ行かずとも、大手のスーパーなどでも手に入れやすくなっています(^^)

だからこそ、余計に「知っていても購入しなかった」んですよね〜。
「いつでも買えるから、まあいいか」みたいな感覚です。
(それが大きな間違いだった)

もちろん、大手通販サイトやエチゴビールの通販サイト(ブルボン公式サイト)でも購入可能です!
ご自身の使いやすいところでチェックしてみてください(^^)

こしひかり越後ビールを飲んだ感想

以下が僕が実際にこしひかり越後ビールを飲んだ感想です。
【光太郎主観の5段階評価】

  • 泡立ち:☆☆☆
  • ホップ感:☆☆
  • モルト感:☆☆☆
  • 炭酸:☆☆☆
  • 総合:☆☆☆☆
光太郎
光太郎

僕の主観なので悪しからず(^^)

見た目はオーソドックスな金色のピルスナー。
炭酸は程よい強さで優しく、口当たりは甘め。

イギリス・ドイツ・日本のホップをブレンドして作られていて、さらに小麦麦芽も加えられています。
この辺りが甘みの秘密かもしれませんね。

フィニッシュにはリンゴっぽい酸味も感じ、お腹が減っている時、水分補給したい時など、どのシーンでも満足できそうな風味に仕上がってます。

はい、めちゃくちゃ美味しいビールぅーー!

はい、めちゃくちゃ美味しいビールぅーー!

缶のラベルイラストは新潟市出身の画家「藤井克之氏」によるもの

こしひかり越後ビールのイラストは、昔懐かしい感じの田園風景。
エチゴビールが新潟県にあり、使っているお米も新潟県産コシヒカリ。
ですから、当然このイラストは新潟の米作りの風景を描いたものだと思われます。

実はこのイラストは、新潟市出身の墨彩画家「藤井克之氏」が描いたものだそうです。

僕はこの方をよく存じ上げなかったので調べてみたのですが、新潟を中心に東京など各地で活動
また、乳がんで36歳の若さで亡くなった娘さんのことが映画化され、現在はそのつながりとして台湾でも精力的に活動

実はかなり有名な方のようです!

クラフトビールは地元産の素材を使って造られることが多いのですが、「ラベル(イラスト)」というビールの味以外の部分にも、地元にゆかりのある人に協力してもらっているんですね。

背景を知って、更にこしひかり越後ビールが好きになりました(^^)

新潟市出身の墨彩画家「藤井克之氏」のイラスト

新潟市出身の墨彩画家「藤井克之氏」のイラスト

ちなみに公式サイトによると、「お寿司などの和食にぴったり」ということ。
「お米を使ったビールは米料理と合う」というのは、考えてみると至極当然のことなのかもしれませんね!

デイリー飲みのクラフトビールを探している人にめっちゃ推したい!

この記事では、エチゴビールのピルスナー「こしひかり越後ビール」を紹介してきました。

こしひかり越後ビールは日本のブランド米「コシヒカリ」を使用したピルスナースタイルのビールです。
甘みと旨味が両立した美味しいビールで、僕のように「知っていたけど飲んだことない」という方にはぜひ味わってほしいビールの1つです(^^)

「見た事あるけど飲んだ事ない」という人は飲んでみて!

「見た事あるけど飲んだ事ない」という人は飲んでみて!

本記事中頃にある僕の感想(☆マーク)を見てわかるように、はっきり言って何かトガった特徴があるビールではありません。
しかしそれが、良いんです・・・
なんだかとても懐かしいというか、安心するというか。

それもこれも「お米」という、日本人の魂がこもったビールだからかもしれませんね。

こしひかり越後ビールはクラフトビールとしては安価な方ですし、デイリービールとして何本か購入してストックしておきたい感じ。
次スーパーで見かけたら、(未経験の人は)絶対「買い」の1本ですよ♪

光太郎
光太郎

ピルスナーらしく、冷やしてグイッと飲んでみてください(^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました