【漆黒 -Shikkoku-】すっきり飲める高品質なラガービール

コエドブルワリー 漆黒-Shikkoku-ビール銘柄
この記事は約4分で読めます。

こんにちは!光太郎です。

この記事ではCOEDOブルワリーの「漆黒 -Shikkoku-」を、実際に飲んだ僕の感想を添えてご紹介します。

COEDOブルワリー(以下、コエド)は国内でも屈指のクラフトビールブルワリーで、たくさんの高品質なビールを作っています。
当ブログでも何度か登場していますが、今回また新たなビールを追加いたしました。

ぜひ最後までお読みいただいて、コエドのビールに興味を持ってもらえたら嬉しいです(^^)

COEDOの漆黒 -Shikkoku- はあと味すっきりの黒ビール

コエドの漆黒 -Shikkoku- は、あと味すっきりの黒ビールです。

公式サイトに明示されているスタイルは「ブラック・ラガー」
ブラックラガーについては日本地ビール協会が定める「ビアスタイル・ガイドライン1208」に明記されていないもののようですが、感覚としては「シュバルツ」というビアスタイルに近いのではないでしょうか。

シュバルツ=ドイツ語で「黒」を意味するビアスタイルなので、漆黒の名称にぴったりかと思います(^^)

あと味すっきりなのはラガースタイルの特徴ですね。
真っ黒という見た目の重たさからは想像しにくいですが、冷えた状態で夏場の暑い時期などに飲んでみると美味しいんです♪

光太郎
光太郎

暑い夏場の飛び込み営業の途中、休憩のために入った喫茶店でアイスコーヒーを飲むのに近い感覚になるかも!?

漆黒 -Shikkoku- の製品情報

以下が漆黒 -Shikkoku- の製品情報です。
公式サイト を参照)

  • 名称:漆黒 -Shikkoku-
  • 製造:COEDO BREWERY
  • 国:日本
  • ABV:5.0%
  • スタイル:ブラック・ラガー

価格は300円前後。

すでに述べたように、コエドは日本でも有名なクラフトビールのブルワリー。
そのおかげか、リカーショップやクラフトビール専門店以外の、大〜中規模のスーパーマーケットなどでは取り扱いがあることも。

見かけたらチェックしておきましょう!

漆黒 -Shikkoku- を飲んだ感想

以下は実際に僕が漆黒 -Shikkoku-を飲んだ感想です。
【光太郎主観の5段階評価】

  • 泡立ち:☆☆
  • ホップ感:☆☆
  • モルト感:☆☆☆☆
  • 炭酸:☆☆☆
  • 総合:☆☆☆
光太郎
光太郎

僕の主観なので悪しからず(^^)

漆黒 -Shikkoku- は、ラガースタイルらしい飲み口〜飲み終わりの軽さが魅力の1つ。
それでいてアロマホップを使用した香りの高さも特徴です。
また、コーヒーのようなローストしたほろ苦さもいい感じ。

非常に高品質な黒ビールと言えますね(^^)

漆黒 -Shikkoku- は国際ビアコンテストで賞を多数獲得している

漆黒 -Shikkoku- だけではないですが、コエドのビールは国際的なビアコンテストで賞を何度も受賞している実力派ビールが多いんです。

今回の漆黒 -Shikkoku-については、2007年〜2017年までの間になんと15個ものさまざまな賞を受賞しています。
(公式サイト情報より)

コエドブルワリーのレベルの高さを客観的に表していますよね(^^)

こんなビールが手頃なお値段で飲めるなんて嬉しい限りです。

国際コンクールで様々な賞を受賞している実力派

国際コンクールで様々な賞を受賞している実力派

漆黒 -Shikkoku- は最高レベルのブラックラガーを飲みたい人におすすめ!

この記事ではCOEDOブルワリーの「漆黒 -Shikkoku-」という黒ビールをご紹介してきました。

漆黒 -Shikkoku-は日本有数のブルワリー「COEDO」で作られているブラック・ラガースタイルのビールです。

見た目と違い、あと味すっきりなので暑い日に飲んでもOK。

「いつも飲んでるビール(ピルスナー)のように爽快感も欲しいけど、いつも飲んでるビールとは少し違うものが飲みたい」
なーんて欲張りな人に、ぜひ最高レベルの黒ビールを飲んでいただきたいです!

この記事を読んだ後に、もし店頭で見かけたら買ってみてくださいね(^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました